IVF

2013年2月18日 (月)

薬って、すごいわ。

周期3日目。

待ちに待った生理が来ました。

が、またもや時期早々。20日周期と短く来ました。

生理2,3日目に来院との事でしたが、日曜は予約のみ、月曜は、息子はんの託児が無理かもしれない。迷って、神LCに聞いてみました。

D1でも、診察可能か?OKとのこと。

前回、先生にD4で数値計っても、あんまり意味ないからね、と言われていたので、早すぎるのも意味ないか?と思ったが、それは大丈夫だった。

慌てて、用意をしてブータンと息子はんに東神奈川まで車で送ってもらいました。

すでに、80人待ち。

採血を先に済ませ、外出しました。

22時半すぎに、やっと診察。そして、先生とのお話。

なんと前回高かったFSHが、下がってました。D1で、5.36。

驚いて、先生に聞くと、カウフマン療法(不足しているホルモンを補い、規則的な月経周期、排卵周期を取り戻す)したでしょ、と言われ、あれがカウマンか?と。プレマリンとソフィアA飲んだ成果かな。

ちなみにE2は、D1で138。

いつもなら、ちょっと今回は見送りで・・・次回生理が来たら、また来てね。と、なるところだが、今回はクロミフェン1日1錠10日分を処方してもらえた。

やった~。治療が出来る。すんごく嬉しい。卵胞が無事に育つかどうかは後にして、前に進めたことが嬉しい。

次回、1週間後。

ただ、先生からは、今周期こそ体外をしましょうとか、そうゆう話は出なかったので、もしかしたらAIHになったりするのかな。まぁ、私の気持ちは先生には伝えてあるので、先生にお任せします。

そして、この次の日、私たち家族は、お得意の神頼みをしに、水天宮へ行ったのでした。

にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目(以降)不妊へ
にほんブログ村

2013年2月 4日 (月)

次は、この私!!

 久々の更新です。

 なかなか治療がうまくいきません。

 いつもの2倍のクロミフェンを飲んで、卵を育てたはずが、時期早々にもかかわらず、消えていたり、もうすぐ排卵のはずでAIHまでしたのに、1週間経っても高温にならず、エコーで見れば、まだ卵巣に留まっていたり、と。生理周期も、22日と短くなってきてる。私の常は、27、8日周期。

 IVFをすると決めたものの、卵巣の老化が著しく目立ち、D4でFSHが38.7という高値で見送りになり・・・、

 現在は、プレマリンとソフィアAで、体を整えています。そして、もう1つ。DHEAも飲むよう言われました。これ、男性ホルモンです。攻撃的になるかもしれない副作用あり。

 でも、これは老化プロセスを遅らせたり止めたり、若返らせる「若返りホルモン」のサプリメント。期待できるかな。これを、朝に2錠飲み始めました。

 次回の生理が来るまで、どう卵巣が変化してくれるかな。

 

 老化に伴い、IVFは自然周期法が良いと院長先生に言われました。せっかく採卵するのに、1個か2個しか採れない、なんだか損な感じの方法だなぁと感じたけど、質が良い卵が採れるかもしれない。

 

 私の妊活友達は、皆無事卒業していったので、次こそは自分だと思っている。

にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目(以降)不妊へ
にほんブログ村

2010年2月19日 (金)

散々。

今日は、2回目IVF周期36日目。36.84。

 おととい陰性の判定を受けてから、リセットを待ってるのですが、生理はまだ、高温期も続いたまま、かなりホルモンのバランスが狂ってるのかな。プラノバールの影響で、もう少し時間がかかりそうです。

 おとといの判定日を振り返って。

 陰性って判ってるのに、わざわざ「陰性です。」って言われに行くのは辛いけど、次周期の相談もしたいし、とにかく行かないといけないと思って、気持ちを奮い立たせて。

 が、受付で紙コップを渡された時、なんだか情けなくて涙が出てきて、慌ててトイレに入って、泣きながら作業。なんかなぁ。

 尿検査のみの判定にちょっと物足りなさを感じながらも、お小水を取って提出。血液検査で、せめてhcgの数値を知りたかったが、早くおうちに帰りたい気持ちの方が勝ったので、採血はお願いせず。hcgが全くのゼロなのか、少しは着床したのか・・・謎だ。

 「この線の横に線が出て欲しかったんだけどね・・・。」検査薬の終了線の横にね・・・そりゃわかっとるよ、私だって。見たら、真っ白。

 「お身内の中に糖尿病ほにゃららの人いる?」って聞かれた。ほにゃららの部分は聞き取れず。いません、と答えたけど、気になるなぁ。

 がっかりしないで、次の対策をたてましょうと先生が言ってくれて、今までの1年半の復習をやって、次の課題が出た。採卵では、最低でも5つの卵胞は必要だし(毎回5つ取れても、そのうち1つしか成長していない為)、引き続き良質の卵を作る努力をしつつ(サプリ)、次回は、凍結できる力を持った強い卵を作ることも目的にしましょう。あとは、着床環境。今度生理が終わった低温期に、ヒステロスコープで子宮をカメラで見ましょうとの事。その時に、一緒に通気もやりましょう。次回、卵次第で、2段階移植になるかも。

 あぁ・・・・ヒステロスコープ。痛み止めいりますか?って聞かれる検査にろくなもんはない。しかも一緒に通気なんて。おそろしや~pig大切な検査だろうけど、痛いんだろうなぁ。座薬の痛み止めは苦手なので、自宅を出る前にロキソニンを飲んでいきます、って看護師さんに伝える。私も、自分の子宮の中を先生と一緒に観察出来るのだろうか?出来たら、そっちに興味が行けば、痛みも少しは忘れられるかもと思うんだけど。

 そして、その恐ろしの検査が終われば、いわゆるゴールデンAIHのミッションだ。

 昨日から、仕事に復帰しました。上司が直々に会いに来てくれて、「元気ですか?」って声掛けてくれた。元気です、と、今日からまた宜しくお願いします、と挨拶。もしかして、私が妊娠してると思ってるかも(笑)。まぁ、それはいい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 ここからただの私の愚痴でつまらない記事です。

 判定日の日の朝早く、同僚のおばちゃんから電話があり、「明日から出勤出来るんだよね?実はね、明日休みたくて、代わりに早番出てくれない?」と。言葉に詰まったけど、一ヶ月休んだ申し訳なさから断れず、了承した。「ごめんね~。ぎっくり腰になっちゃって~。じゃ、明日休むからよろしくぅ。」だって。これは、嫌がらせだと思った。そりゃ、私も以前ぎっくり腰で休ませてもらって、迷惑かけたかもしれんが、なんか、このおばちゃんの軽いのりといい、、人を見下す話し方といい、うさんくさい。本当に体調不良かもしれないが、今までの事もあり、私は、このおばちゃんを全く信頼していなので、仕方ない。このおばちゃんの言うこと、全てうさんくさく思えてしまう。嫌がらせなら、受けて立つわ~。

 そして、翌日私は午前4時起きの刑に・・・。午後2時半まで一人でひたすら対応してました。この道14年の私に怖いものなんてないわい・・・と思いながらも、トホホ・・・。久々すぎて、なにか変更とかあったらどうしょうとか不安もよぎったけど、なんとか交代要員の同僚の友達が来てくれて、しばらく、私が休んでた間の話などを聞いた。

 同僚も、オバチャンズ(二人いる)のあれやこれやに相当疲れたらしい。で、上司に直接言って下さい~と逃げたら、そこまでは出来ないらしく、また別のあれこれに発展して、今度はなんやねん?と、振り回されたらしい。同僚よ、ホントに、ごめんね。シフトに関しても、オバチャンズは、バイトだから残業するのはおかしいと、休憩もゆっくり出来ないから、せめて30分デスクから離れられる時間を作って~と、これは上司に直接言ったらしく、シフトの内訳が変わってた。おそるべし、オバチャンズ。で、へたくそな理由で、シフトも変更してたみたい。「この日もう1つの会社に出勤しなくちゃいけなくなって、出られなくなった」とか「カップ麺食べて、食中毒になったから休む。」とか、笑える。おばちゃん、食中毒になって休んだ日、実は息子さんのマンションの鍵渡しの日だったそう(おばちゃんが嬉しそうに後日同僚に話してしまったらしい)で、結局それに行きたかったら休みたかったんでしょ?素直に言えばいいのにね~。息子さんが購入したマンションなのに、おばちゃん嬉しくって、色々走り回ってるそう。銀行にお金振り込んだり、掃除しに行ったりと。

 ホントに私、この人が苦手なんだ。

 ブータンにも愚痴った。そんなに文句言うなら、覚悟必要だよって、言われた。このオバチャンズは、変わることの出来ない人たちだから、自分が変わるしかないよ、って。そんなにオバチャンズが嫌なら辞める覚悟を私がしないと。次回の体外周期では、これ以上嘘をついてネタも尽きて、ここでの両立は無理かと思われる。今一番、やり遂げたいことは? 妊娠!出産!

 色々課題があって、ちょっと落ち気味ですが、早く気分立て直さないと。しょうもない愚痴を読んで下さって、ありがとうございます。

 

 

2010年2月14日 (日)

ミラクルはあるか?

 今日は、BT後13日目でした。体温は、高いです。36.93。

 今朝、今回こそは妊娠しているかも・・・と、とても期待して、妊娠検査薬を使ってしまいました。

 陰性でした。

 そして、「陰性から陽性」とか「検査薬 うっすら」とか、言葉を検索して、前向きな答えを探してました。この時期で陰性だったら、見込みないのかもと思いつつも、諦めがつきません。どうあがいても、それが結果なのかもしれません。

 判定日の17日まであと3日。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

2010年2月11日 (木)

母からのアドバイスで。

 今朝、私が「お腹痛いから、もうすぐ生理かも」って言ったら、突然母が「体外受精やってみたら?」ってアドバイス。

 「いや、すでにやってて、今結果待ちやねん。」と、母にカミングアウトした。ら、「ふ~ん。」だって。

 あっけなかったけど、まぁそんなもんか。

 今日は夕方から京都駅で友達と待ち合わせして、伊勢丹の上でご飯。サルバトーレ・クオモのお店へ。京都タワーが輝いてました。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

2010年2月 9日 (火)

帰省してます2。

 今日は、2回目IVF周期26日目@関西。36.81。

 嬉しいことに、2日にBTしてから高温期継続しています。ホルモン補充のおかげなのだろうけど、36.8度台がしばらく続くのは初めてで。

 今飲んでる、薬。

 デュファストン。タグチル(愛称:タグチ君)。プラノバール。バファリンA81。テルロン。

この薬を飲み終えたい。飲み終わる前にリセットしたくないな。

 たまに感じる「モシカシテ兆候」。

 下腹部がキュッとひきつる。少量のご飯で満腹感。いつも快調(腸?)なのにHard poop。胃の不快感など。この感じが、「やっぱりなぁ~だからか!」って結果になるといいな。でも、毎周期こんな感じもするけど・・・。

 昨日は、自宅で目を離した隙に、ベッドを抜け出して居間まで歩いて、ずっこけて股関節を骨折した祖母のお見舞いに行って来ました。さらに幼少化してたような気がする。ボケ方がかわいいので、笑えます。手術は負担がかかるので自然治癒で治すことに。まだ折れたままなのに、食事をする為に、車椅子に乗せられて衝撃が走るたびに、痛そうな顔をしてる祖母がかわいそうでした。どんぶり茶碗に五分粥が入ってたけど、ものすごい量でうんざりしてしまうね。と、底を突いて見たら、あげ底だった。

 この前、ポニュをテレビで見たけど、子どもとおばあちゃんの組み合わせって、なんだか泣けてくる。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

2010年2月 7日 (日)

帰省してます。

今日は、2回目IVF周期24日目。 

 昨日、神LCで注射後、新幹線の飛び乗って実家に帰省してます。岐阜羽島を過ぎる前から、吹雪。新幹線に若干の遅れや減速があったものの、お昼前には現地に着いた。新幹線で寝てしまったが、自分の(かわいい)ちょいイビキでハッと起きて、ちょっと咳き込んでカムフラージュ。

 在来線に乗り換えたとたん、関西弁がいつも以上に飛び交っているが、久々に帰省すると、ローカル過ぎて、こてこてな関西弁におびえてしまう(笑)今回も、女子高生の使う関西弁にビビってしまった私。免疫が低下しているのかな。あかんあかん・・・。

 なんかの拍子に医療費控除の申請の際、医療費領収書は提出したが、交通費の明細を書いた用紙も一緒に提出するのを忘れてしまった事に気付いて、冷や汗。せっかくの還付額が変わったらもったいないお化けが出ます。月曜に税務署に電話しよう。⇔この問題は、申請に不具合があった場合、税務署から連絡が来るそうなので、待っていて下さいとの回答でした。

 両親を目の前にすると、体外の事話して、今結果待ちやし、楽しみやねんって言いたいけど、やはり未だ言えず。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

2010年2月 5日 (金)

職場復帰早めます。

今日は2回目IVF周期22日目。36.78。

 20分ほど歩いて税務署に行ってきました。初めての医療費控除の申請。21年度分で、約54万円、医療費を支払ってた。

 前もって、医療費のトータルは出していたので、係の方に見守られながら、パソコンにて入力。今回の申請で利用者識別番号が登録されたので、来年からは自宅パソでネットで申請できるらしい。

 住宅控除で源泉が0になっているので、還付はないと思っていたが、6万ほどあり。税額が多かったので、控除しきれてなかった分の還付とかなんとか、係の方から説明を受けた。なんだか得した気分。住民税も減額されるんですか?これは、市役所からの通知で分かるらしい。

  上司に復帰が早まる旨メールした。人事課にも連絡してくれとの事で、電話するが担当者不在だった。

 仕事戻るのがちょっと・・・かなり不安。

 もし、もしも陽性判定もらったとしても、あの不規則なシフトで勤務していかなければならないだろうし、遅番の次の日、中番はやめて~とか、これ以上わがままは言いづらい。でも、なんかなっちゃったら、この仕事を恨んでしまいそう。皆には嘘付いて休んでるから、今はホントの事は言えないし。詮索好きな同僚のおばさんに、休職中の事を根掘り葉掘り聞かれるだろうし。かなり残業させてしまったので、おばさんがチーフ格の同僚に「パートに残業させるなんておかしい。」ってクレーム言ったらしいし。どちらに対しても、私のとばっちり受けさせてしまい申し訳なくて。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

落ち着いてしまった卵。

 今日は、2回目IVF周期21日目。36.73。

 今日も神LCデーで、プロゲストン50注射と、その後受精卵がどうなったかを聞きに行ってきました。

 結果・・・またもや凍結できず。三つ様子を見ていたうち、桑実胚から胚盤胞に変わった卵が一つあったそうだが、先生の言葉を使うと「落ち着いてしまった。」そうだ。凍結できなかったんですよね?って確認すると、融解胚が使えるかどうかよりも、胚を凍結できるかどうかの方が、ハードルが高いらしい。「今回は、凍結するのが目的ではないからね。」と先生。う~ぅ、私はそれが目的だったんだけど。やっぱり、最初に自分の意向を伝えておくことは大事だとあらためて思った。

 ショックだけど、ものすごく腹も立つ、自分に。どうして弱っちい卵しか作ることが出来ないんだろう。休職までして、望んだのに。ダイナトーサに渡辺オイスターまで飲んだのに。何が必要なんだろう。と、いつものグダグダ・・・。有難いことに、今回は、涙も出ない。

 これで、今回リセットした場合、どうしたらいいんだろう。不安だ。現実、通気してまたAIHして、で、また採卵して・・・となるのかな。先の不安が押し寄せる~ザブン。

 もう休職している意味がないので、上司に「復帰が一ヶ月早まる」旨、メール。判定日の17日が過ぎたら、18日から働こうと思う。

 あまり愚痴ると、今私のお腹に張り付こうとしているちっちゃなベイビーの原始に申し訳ないので、マイナー思考はここまで。

 急遽、実家に帰省することにしました。その間のプロゲストン注射はどうしたらよいか?以前、注射だけなら近くのクリニックでも出来るという話を聞いていたけれど、先生いわく、そこまでする必要はないとの事で、打てない注射分の膣座薬を処方して頂きました。

 ブータンの帰りも遅く、ブーフのぬいぐるみの表情に癒されて、夜は更けゆく・・・・。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

2010年2月 2日 (火)

移植しました!

 今日は、2回目IVF周期19日目。36.90。

 神LCからの電話で起こされ、かなりびっくり。ま、まさか移植中止??

 移植時間を2時間早められないか、との事でした。ホーッ。

 卵さんたち、5ついたうち、4つ受精してくれたようで、そのうち初期胚盤胞(BL-2)を1つ戻すことに。あとの3つは、まだ桑実胚だったり、ゆっくりと成長しているみたい。凍結できそうもない胚が複数あるのなら、2つ戻して欲しいと先生にお願いしてみようと思っていたけれど、成長中と聞いて言えず。どうか全部凍結出来ますように。私の体以外のところで破棄されてしまうなんて悲しいから。

 移植前の準備。

 体重測定。HCG2500+プロゲストン50注射。子宮の緊張を取る薬、服用。

 今日も看護師さんが励ましてくれたおかげで痛みを乗り切る事が出来ました。ありがとうございます。「32分に移植しましたよ。」って声をかけてくれました。作業は5分かかるか、かからないかだったけど、長く感じたなぁ。

 先生って、疾風のように現れて、ミッション終了後、疾風のように去っていって、まるでヒーローみたい。痛みにほうほうのていで、呆然としている私は、お礼の言葉も言えないまま。あっちゅうまに先生は去っていった。あれだけの患者さんを診るには、あの速さは必要なのだろう。神業。先生が、いつお食事されているのかも神LCの七不思議のひとつです。

 17日、判定日です。18日からとりあえず職場復帰しようと思ってます。

 今日のお会計。培養(五日間)+胚移植+お薬代+シート法  143,360円也。ううっsweat02

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ